子どもの声が低くなる! ――現代ニッポン音楽事情

著:服部公一

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幼児の声といえば、高い軽やかな声の代表的である。だが近年彼らに低音化現象が起きている。「絶対音感」信仰やカラオケブームの功罪など、わが国の音楽事情に加え、文明開化とともにやってきたドレミファ音楽と服部家の悲喜こもごものエピソード。エッセイストとして定評のある著者による書き下ろし〈私の音楽手帖〉。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/09/04Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      幼児の声といえば、高い軽やかな声の代表である。
      だが近年彼らの世界に低音化現象が起きている。
      それを示す例はあの「だんご3兄弟」の大旋風。
      軽快なタンゴのリズムで乗りやすいうえに、戦前派...

      続きを読む

    セーフモード