入門 スポーツガバナンス―基本的な知識と考え方

編:公益財団法人笹川スポーツ財団

1,936円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2020年の東京五輪に向けて、関連するニュースがしばしば流れています。明るいニュースであると同時に、開催国として多くの問題に直面しているというのが現実ですが、本書がテーマとするスポーツガバナンスも、これまでの日本のスポーツ界に存在してきたネガティブな面を是正する方法として、今こそ、大いに論じられるべき時にきています。論点共有のための入門書として、ぜひご一読ください。【主な内容】巻頭言ふたつの東京五輪のはざまで(由布節子)第1章スポーツガバナンスの行方-全日本柔道連盟の一連の不祥事を中心に-(落合博)第2章中央競技団体の財務をどう評価するか-評価基準と評価体制・手続について-(武藤泰明)第3章スポーツ統括組織のガバナンスと倫理的問題への対応(高峰修)第4章五輪に向けたレガシーの創造-スポーツガバナンスのイノベーションを問う-(鈴木知幸)第5章ガバナンスからみたスポーツ指導における暴力行為防止の取組み(森浩寿)第6章スポーツ組織におけるガバナンスの構築について(中田啓)第7章スポーツ選手のパブリシティ(笠原智恵)第8章日本のスポーツガバナンスを考える-笹川スポーツ財団シンポジウム-1.パネルディスカッション「日本のスポーツガバナンスを考える」(佐野慎輔・道垣内正人・藤原庸介・武藤泰明)2.《AfterThoughts?》(引き続き)日本のスポーツガバナンスを考える(佐野慎輔)3.《AfterThoughts?》スポーツ不祥事について日本スポーツ仲裁機構になにができるか(道垣内正人)あとがき(渡邉一利)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード