しない生活 煩悩を静める108のお稽古

著:小池龍之介

815円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    メールの返信が遅いだけで「嫌われているのでは」と不安になる。友達が誉められただけで「自分が低く評価されたのでは」と不愉快になる。人はこのように目の前の現実に勝手に「妄想」をつけくわえ、自分で自分を苦しめるもの。この妄想こそが、仏道の説く「煩悩」です。煩悩に苛まれるとき役に立つのは、立ち止まって自分の内面を丁寧に見つめること。辛さから逃れようとして何か「する」のでなく、ただ内省により心を静める「しない」生活を、ブッダの言葉をひもときながらお稽古しましょう。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/03/08Posted by ブクログ

      「公平さ」という甘い妄想を捨て、この世は、不公平なのが当たり前だという厳然たる事実に目を開いてみる。それにより「待つ能力」が育ちます。
      自分の心の声を自分で聞き取ってやれば心は静まる
      怒りっぽくなって...

      続きを読む
    • 2017/02/27Posted by ブクログ

      人はやたらと認めてもらいたいもの。
      それをこじらせてしまうと
      だんだんもっともっととなってしまうということ。

      この本中に出てくる108の煩悩は
      本当にありがちなこと。
      もちろん人間的に不完全である私...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/02/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000262488","price":"815"}]

    セーフモード