SYNC なぜ自然はシンクロしたがるのか

スティーヴン・ストロガッツ/長尾力/蔵本由紀

1,067円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ホタルの同時発光からスモールワールド現象まで思いもよらぬ現象を数学がつなぐ不思議完璧にシンクロして光る無数のホタルは、どこかに指揮者がいるわけではない。心臓のペースメーカー細胞と同じで、無数の生物・無生物はひとりでにタイミングを合わせることができるのだ。この、同期という現象は、最新のネットワーク科学とも密接にかかわりをもち、そこでは思いもよらぬ別々の現象が、「非線形数学」という橋で結ばれている。数学のもつ驚くべき力を絶妙の比喩を駆使して紹介する、現代数理科学の最前線。/掲出の書影は底本のものです

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/03/12Posted by ブクログ

      ホタルの発光の同期,体内時計の同期から始まって,量子物理学に進み,カオス,複雑系ネットワークから,さらに人の脳と認知まで議論が展開するとは思わなかった.
      最初の方は,内心「だからどうした」と思いながら...

      続きを読む
    • 2015/11/08Posted by ブクログ

      著者スティーヴン・ストロガッツは、『偶然の科学』のダンカン・ワッツの教師であると共に盟友で、おなじように複雑系科学の大御所の一人、であるらしい。
      この本で提起されている「同期現象」は、たとえば、
      ・一...

      続きを読む
    • 2018/01/17Posted by ブクログ

      「非線形科学」という聞きなれない分野の第一人者による著書。とりあえずハヤカワノンフィクションだから買っとくかという動機もなくはなかったが、とにかく表紙が美しいのでジャケ買いしたといた方が正確か。
      ホタ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000262230","price":"1067"}]

    セーフモード