草莽枯れ行く

北方謙三

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幕末。黒船が浦賀に現れた頃、上州浪人・相楽総三は天下を憂う志を持って仲間を集う。博徒・清水の次郎長や剣客・土方歳三とも友誼を結ぶ。次第に倒幕に傾倒して、怪物・西郷隆盛率いる薩摩藩に総三は接近して行き、薩摩の闇の左手として活動し、やがて赤報隊として倒幕軍の尖兵となるが!時代の濁流を生き抜いた若き魂。著者が初めて幕末に舞台を設定した長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/08/10Posted by ブクログ

      相楽総三、それに絶妙に絡んでくる博徒清水の次郎長を中心に土方歳三、坂本竜馬、、勝海舟、西郷隆盛等々の幕末の英傑豪傑が勢ぞろいです。相楽総三を軸とした作品は見たこと無かったのですごく面白かった。

      佐幕...

      続きを読む
    • 2014/04/13Posted by ブクログ

      偽官軍として処刑された相楽総三と清水の次郎長を主役に幕末史を描いている。相楽総三ってるろうに剣心の相良左之介のエピソード程度しか情報がなかったが、関東、中部を中心にかなりの活動を行っていたことを知った...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/05/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000262202","price":"935"}]

    セーフモード