無宗教こそ日本人の宗教である

著者:島田裕巳

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あなたは宗教を信じますか?」。多くの人は答えられず、自分は宗教にいいかげんだと思っている。しかし、実は世界の宗教も無宗教で、日本人は宗教に熱心なのだ。無宗教、その”魅力と可能性”を初めて明かす!!!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    15
    5
    1
    4
    9
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/27Posted by ブクログ

      無宗教は、無神論とは異なって、神道と仏教を異なる宗教と認識しない多くの日本人のようなもので、自分が檀家になっている宗派以外を認めないというものではないという宗教観。

      片や世界を見れば、十字軍の時代か...

      続きを読む
    • 2014/09/03Posted by ブクログ

      無宗教と無神論は違う。。捉え方次第だろうが自分としてはそもそも同じだと考えたことは無いな。
      カトリックと仏教、神道とイスラム教、それぞれの共通点は興味深い。
      たしかに寛容な無宗教こそ平和への道だと思う...

      続きを読む
    • 2013/10/14Posted by ブクログ

      カトリック信者として向かいつづけてきた違和感の正体を代弁してもらったような気がする。
      「特定の神」を私たちは意識していない。それを意識させられることに一種の戸惑いも感じていたし、それを口に出すのは何か...

      続きを読む
    開く

    セーフモード