【最新刊】ふたりのアンと秘密の恋

ふたりのアンと秘密の恋

シルヴィア・アンドルー 翻訳:深山ちひろ

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    社交界を賑わす華麗な令嬢が、あのアンだというのか?「きみの名は?」名門貴族ジェームズ・オルドハーストに尋ねられ、ベッドに寝かされた娘は必死で答えた。「わたしは、アン……」嵐の夜、ずぶ濡れで行き倒れになっていたところを彼に拾われたが、彼女は名前以外のいっさいの記憶を失っていた。心身ともに弱り果て、不安ばかりが募るなか、なにくれとなく世話をしてくれるジェームズに、アンはいつしか特別な想いを寄せていた。彼は誰もが結婚したいと憧れる魅力的な御曹司。出自の知れない私なんかとかかわったら、彼の名誉に傷がついてしまう!ひそかに身を引く決意を固め、アンは屋敷から姿を消した……。■けなげなヒロインを描かせたら右に出る者のいないS・アンドルーの貴重な新作をお届けします。愛するジェームズのために自ら身を引いたアン。やがてロンドン社交界で再会の時を迎えますが、さらなる衝撃の事態に……。美しい花園で育まれる恋の行方にご注目を。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/29
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン・ヒストリカル

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 1巻2014/06/01Posted by ブクログ

      ジェームズいいやつじゃないか。
      アントニアの記憶にひたすらヤキモキさせられる話。
      いつも思うけどこのテイストのタイトルほんとやめてほしい。センスよくない。

    セーフモード