白馬に乗れない王子 【カッファレッリ家の祝祭 II】

メラニー・ミルバーン 翻訳:柿沼摩耶

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    私がここに来たのは彼のリハビリのため。決してベッドで奉仕するためではない。男性の患者だけは絶対に引き受けない──理学療法士のリリーはそう心に誓ってきた。過去の悲しい経験のせいで男性恐怖症になってしまったのだ。だが経済的事情から、どうしても引き受けざるをえないことになる。患者は大富豪一族の次男、ラウル・カッファレッリ。事故で大怪我を負ったラウルは自暴自棄で古城に引きこもり、他人をよせつけないのだという。案の定、治療のために訪れたリリーにも侮辱的な言葉を投げ、不遜な態度をみせるラウルだったが、なぜか追い返しはしなかった。閉ざされていた彼の心に、かすかな変化が起きようとしていた……。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード