【最新刊】ユートピア

ユートピア

トマス・モア 著/平井正穂 訳

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    表題の「ユートピア」とは「どこにも無い」という意味のトマス・モア(一四七八―一五三五)の造語である.モアが描き出したこの理想国は自由と規律をかねそなえた共和国で,国民は人間の自然な姿を愛し「戦争でえられた名誉ほど不名誉なものはない」と考えている.社会思想史上の第一級の古典であるだけでなく,読物としても十分に面白い.

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/09
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(36件)
    • ユートピア
      2021/01/22

      「ユートピア」という言葉は、「空想上の」あるいは「理想的な」という意味で使うことが多いだろう。トマス・モアの造語であるユートピアはギリシア語で「どこにも無い」を意味する。表題の『ユートピア』はどこにも...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ユートピア
      2016/03/29
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • ユートピア
      2010/04/09

      初めてこの本を読んだのは高2か3の時でしたが、その時は知識が全然なくて大した感想を持たなかった記憶があります。

      しかし私も自分なりに今の国内政治(特に先進国)や世界秩序に問題意識を持って読むと全く違...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード