【最新刊】車輪の下

車輪の下

ヘルマン・ヘッセ 作/実吉捷郎 訳

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    誇りと喜びにあふれて首都の神学校に入学したハンスがそこで見いだしたものは,詰めこみ主義の教育と規則ずくめの寄宿舎生活であり,多感で反抗的な友人の放校であった.疲れ果てて父の家に戻った彼は機械工として再び人生を始めようとするが…….重い「車輪の下」にあえなく傷つく少年の魂を描くヘッセの永遠の青春小説.

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/09
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(58件)
    • 車輪の下
      2021/02/01

      この若造の甘ったれ感が嫌いな人もいると思うけど、自分は好き。何せ、年を食った今でも甘ったれなので。

      子供の人生が周りの大人の都合で決まってしまうってことはよくあることだと思うんだけど、よくあるってこ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 車輪の下
      2012/06/20

      「良い子」で育った人。「真面目」に生きてきたのに、なんだか人生うまくいかない人。
      この本は読まない方がいいです。
      共感できるがゆえに辛くなると思います。

      また、「近代」について考えさせられます。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 車輪の下
      2013/12/28

      ヘルマン・ヘッセの代表作で、世界的名作文学作品。
      あまりにも切ない青春小説だった。とにかく、情景描写が美しく様々な場面が映像として目に浮かぶ。
      天才少年であるがゆえの孤独や挫折が描かれており、現代の社...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード