【最新刊】鴎外随筆集

鴎外随筆集

千葉俊二 編

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幕末,津和野藩の下級武士の子として生まれた森鴎外(1862-1922)は,藩校で漢籍を学び,上京して東大医学部で学んだ.軍医総監に上りつめ,最後は帝室博物館長として没した公的生活と小説家鴎外-封建的イデオロギーと藩籍の素養,近代ヨーロッパ文明と自然科学者の眼が同居したこの作家の息づかいが聞こえる随筆18篇.

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/09
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 鴎外随筆集
      2007/10/19

      森鴎外(1862-1922)著。
      収録随筆一覧:
      ?:『サフラン』、『空車』、『礼儀小言』
      ?:『原田直次郎』、『長谷川辰之助』、『夏目漱石論』、『鼎軒先生』、
      ?:『我をして九州の富人たらしめ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 鴎外随筆集
      2015/05/14

      鴎外という人、この表紙の写真のすかした構えっぷりを見るだけでもとても魅力的な人に見える。
      何気ないエッセイふうの小品ばかりなのだけれど、語調さえ今ふうに直せばちっとも抵抗なく受け入れられるようなとても...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 鴎外随筆集
      2012/01/02

      2012年の今年は鴎外生誕150年にあたる。文語文は読む感覚を取り戻すのに少々手こずった。鴎外の遺書も収録。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード