【最新刊】アラン 定義集

アラン 定義集

神谷幹夫 訳

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「咎め立てる炯眼よりも赦す炯眼の方が上手(うわて)なのだ」(「悪口」)/「叡知.これは怒り狂った判断を克服した徳である」(「叡知」)/「真の奇蹟は人間に属している」(「奇蹟」)-哲学者アラン(1868-1951)のカード箱に遺された,思索の〈定義集〉.264枚に書かれた断想の初の全訳と,未刊主題500余を収録.貴重な日本版.

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/09
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • アラン 定義集
      2012/08/25

      普段何気なく使う語句(性格、絶対、勇気etc.)にアラン(本名エミール=シャルティエ)が一語一語考察したもの。
      何気なく使う言葉の意味を一歩立ち止まって考えさせてくれる本、
      さらに、自分がいつもいかに...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • アラン 定義集
      2009/05/14

      人間嫌い、純朴、弁証法、奇蹟、魔法、品位が落ちること…など様々な言葉の定義を述べた哲学書。特に「勇気」の項目が新鮮であった。「勇気とは慎重さと手を組んで怒り無しに見事にやっていく」。慎重さを亡くした勇...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • アラン 定義集
      2020/08/09

      子供が通っている公文の先生にお借りした本。

      アランって誰だろうと思いながら読み進めていく。

      定義集という名の通り、AとはBである。という型なのだが、そのBが難しい。意味がわからない。
      意味がわから...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード