がんばれ仏教! お寺ルネサンスの時代

上田紀行(著)

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あきらめないで!仏教に期待すれば社会は変わる日本仏教が葬式仏教と呼ばれるようになって久しいが、どっこい志のある僧たちが、いろいろな活力ある仏教の実践を行っている。NPOを寺で主催したり、舞台公演・アート展を通して、ネットワーク作りを行うなど、新しい世代の活動・思想を追いながら、仏教にいま何が求められているのか、お寺に何ができるのか、これからの仏教の行方を展望する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/02/04Posted by ブクログ

      「縁起」という世界に対する見方を、現代の日本において、どのように起動させていくのか。そこで僧侶・住職・寺院が果たすべき役割とは何か。多くの実例を紹介・分析しつつ、あくまで具体的に、仏法を現代日本社会の...

      続きを読む
    • 2013/11/29Posted by ブクログ

      葬式化した仏教の現代化の取り組みのルポ。
      苦悩の時代こそチャンス?

      スリランカの悪魔払いの後半は漫才大会で、本当に病気が良くなるらしい(笑)
      笑えばそれって悪魔を払うんだろうきっと。

    • 2010/07/07Posted by ブクログ

      (2010/7/6読了)単なる「魅力ある僧侶を紹介する本」かと思って読み始めたら、その出会いを通して体感した著者自らの宗教というものの捉え方が秀逸であった。意外な拾い物の本でした!

    開く

    セーフモード