「できる人」という幻想 4つの強迫観念を乗り越える

常見陽平(著)

583円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    即戦力、グローバル人材、コミュ力、起業……。若者への言いっぱなしはもうたくさんだ!コミュニケーション能力を磨き、即戦力としてグローバルに活躍し、会社が頼りないなら起業しろ――。いったい、日本はいつまで「できる人」という幻想を追い求めるつもりなのか?雇用や労働の常識を問い直し、日本のビジネスパーソンを強迫し続ける幻想の正体に迫る。若者よ、「できる人」を目指すな。社会よ、若者の可能性にかけるな。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/04/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/06/01Posted by ブクログ

      「「強さのインフレ」が起きている」

      即戦力/グローバル/コミュニケーション能力/起業
      最近流行のこれらのキーワードが若者の強迫観念になって、真面目に働こうと考えている人ほど適応しようとする。
       その...

      続きを読む
    • 2014/05/03Posted by ブクログ

      大人が描く若者へのできる人像(「コミュニケーションを磨き、即戦力としてグローバルに活躍し、会社が頼りないなら起業しろ。」)を辛辣に語った書。ここ数年の日本情勢や会社の現状を元に、企業のトップを始め、い...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000261158","price":"583"}]

    セーフモード