ロンドン ――地主と都市デザイン

著:鈴木博之

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

ロンドンは広大な土地を持つ地主たちにより、エステートごとに開発されてきた。公園やストリートの名前からは地主や開発に携わった人物が読み取れる。彼らはまとまった土地を全体として有効に活用する町づくりができる立場なのだ。エステートと建築の由来を追い、特異な発展を遂げてきた巨大都市の形成史を知る。

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2014/07/24Posted by ブクログ

    ロンドンに行くために、ロンドンの都市計画とか建築について知りたかったので読んだ。正直別によんでもあまり知識がつくとかいうことはなかった。

  • 2010/02/17Posted by ブクログ

    内容(「BOOK」データベースより)
    ロンドンは広大な土地を持つ地主たちにより、エステートごとに開発されてきた。公園やストリートの名前からは地主や開発に携わった人物が読み取れる。彼らはまとまった土...

    続きを読む
  • 2007/10/21Posted by ブクログ

    ロンドンの通りや建築物など、土地開発を中心とした都市形成の歴史を探った本。旅をするとたいてい「都市派」と「大自然派」に分かれると思うのだけれど、私は完全に都市派なので、こういった都市の町並みの成り立ち...

    続きを読む

セーフモード