リクルート式

著:大塚寿

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    前著『リクルート流―「最強の営業力」のすべて』(PHP研究所)の反響が大きく、営業現場から熱い支持を受けた著者。そのなかで、「日本企業や多くのビジネスパーソンのリクルートに対する関心は、営業力もさることながら、いまや、モチベーションやマネジメントにシフトしている」という指摘を受けた。そこで本書では、リクルートの営業マネジメントの時系列変化を現在までフォローし、「営業現場で管理職、リーダーとして、メンバーを通して業績を上げる職務を担うあなたが、なんらかのヒントを得て、職場で実践し、成果を上げていただくこと」を目的の第一義としている。応用のしやすさを最優先させたので、リクルートの営業マネジメントを紹介するというより、リクルートのマネジメントにベンチマーキング対象として触れ、論理化・体系化していく。「リクルート式営業マネジメント」をMBA的に分析し、職場で活かせるようにマニュアル化した一冊。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/12Posted by ブクログ

      「営業マネジメント」について大変参考になった。
      リクルートの強さの真髄も(一部)知ることができた。


      <特に参考になった点>
      ・強い営業組織は「方法が分からないときの方法」を心得ている
      ・「自分が使...

      続きを読む
    • 2012/07/19Posted by ブクログ

      ブックオフで安く売ってたので購入。この人の別の本をずっと昔に読んで勉強になったので、振り返りを込めて改めて読んでみた。
      営業の雰囲気自体はオラオラ系なのだが、営業のやり方、戦略、マネジメントはロジカル...

      続きを読む
    • 2011/12/22Posted by ブクログ

      会社の同期に薦められて読みました。
      その同期は現在リクルート勤務。ってな関係もありつつ。

      こういう本を読むと考えてしまうのは、やはり自分の所属している組織との比較。

      これはいい考え方だなとか、これ...

      続きを読む

    セーフモード