あるじは信長

著:岩井三四二

730円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    上様、そんな理不尽な――織田信長は、出自にかかわらず、力ある者を抜擢したことで、天下人へと駆け上がった。しかし、その裏では、成果至上主義にとまどい、翻弄された家臣たちが……。兄か、あるじ信長かを選ぶ破目に陥って悩む佐々内蔵助、合戦ではなく筆で身をたてようと決意する楠木長諳、信長の成功を真似て無謀な策に打って出る別喜右近など、あるじに振り回されつつも懸命に生きる男たちを、彼らの目線で描く。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/14Posted by ブクログ

      初めて岩井三四二さんの著書を読んだが、たいてい主役にならないであろう人物達が生き生きと描かれていて、面白かった。信長周辺の人達の思いから、信長の影響力の大きさが浮かび上がってくる。。

    • 2018/02/14Posted by ブクログ

      秀吉などの有名どころの話ではなく、名もないような家来衆の話。
      皆、信長の悋気を怖れながらも出世を望む。

    [{"item_id":"A000261045","price":"730"}]

    セーフモード