採用される! 提案書・企画書の書き方 3要素7ステップと、すぐに使えるフォーマット

著:富田眞司

750円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「モノをつくれば売れる」という時代はとっくに終わり、売るためには何らかの企画・提案が欠かせなくなっている。プランナーや販促担当者だけではなく、あらゆる業種のあらゆる役職の人にとって、仕事を進める上で提案書・企画書は欠かせないものになっている。なのに、提案書や企画書を書くのは苦手、という人は多い。何を書けばいいのか、どう書けばいいのか、わからない。書いたところで、自信も持てないし、採用もされない……。いったい、それはなぜなのか?本書では、1500冊の企画書をつくってきたプロが、何を、どう書くべきなのかなど、提案書・企画書づくりに関わる全てを解説する。さらに、実際に使えるフォーマットを用途別に多数紹介し、その使用例も収録。これだけ身につければ、あなたの提案書・企画書は見違えるほどに生まれ変わる。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/10/01Posted by ブクログ

      目次
      :プロローグ 提案書・企画書が書けないビジネスパーソンは生き残れない
      第1章 提案書・企画書には何を書くのか
      第2章 採用される提案書・企画書の構成要素
      第3章 ...

      続きを読む
    • 2016/08/21Posted by ブクログ

      いいものだから、売れると言う時代は終わった。
      売ることが 困難になったからこそ、
      情報を集めて、分析し、
      消費者の潜在的、顕在的ニーズをつかみ
      企画書をつくり、提案する。
      それが 企画のポジションにい...

      続きを読む
    • 2009/02/24Posted by ブクログ

      必要に迫られたので読んだ。
      企画書の書き方の概念を説明する本としては比較的良書の気がする。

      以下備忘録

      紹介方法
      折込ちらし
      ラポール意味
      スケジュールの大切さ
      実施→効果検証の繰り返し
      サービス...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000261040","price":"750"}]

    セーフモード