【最新刊】玩具のように、僕は

玩具のように、僕は

1冊

金田正太郎

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    文芸部の後輩・滝沢の書いた小説を読んでみぞおち辺りがざわついて落ち着かなくなってしまった上田は滝沢と距離を置くように。あれから十二年――編集者となった上田が訪ねたのは、売れっ子官能小説家の自宅。そして、そんな彼を迎えたのは、あの時の後輩・滝沢だった――。小説の執筆の為ならと、滝沢の命令を何でも聞くことを約束した上田。しかし、その命令とは上田を辱める内容で……!?表題作ほか、さまざまな愛の形を描いた作品集。

    続きを読む

    本作品は、BL、TL、グラビア写真集などが含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    ページ数
    193ページ
    提供開始日
    2014/05/09
    連載誌/レーベル
    ルチル
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/01/11Posted by ブクログ

      短編集。

      表題作は高校の文芸部の後輩で今は官能作家の攻めさまと、先輩の今は担当編集者。
      ちょっとひねくれたような関係が痛くもあり切なくもあり官能的です。
      結構すきだったりする。

    • 2013/01/07Posted by ブクログ

      見事に年下攻め本。「弟じゃあるまいし」がこの中では好きだったかな。表題は受けがドMすぎた…wSMはつい笑いが先にきてしまって真面目に読めない。

    セーフモード