向島綺譚~読売屋 天一郎(四)~

辻堂魁

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    旗本の息子ながら読売屋《末成り屋》の主となった水月天一郎の元に、向島で無理心中があったとの報せが入る。心中したのは、両替商の手代と御家人の娘。調べ始めた天一郎の脳裏に疑念が浮かぶ。なぜ2人は心中をしなければならなかったのか。謎を追う天一郎たちに刺客が迫る。人気急上昇中の著者、渾身の痛快シリーズ第4弾。正義の筆と華麗なる剣が「悪」を断つ!

    続きを読む
    • 読売屋 天一郎 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      読売屋 天一郎 全 6 巻

      3,960円(税込)
      39pt獲得

    レビュー

    • 2014/09/16Posted by ブクログ

      現在進行形のシリーズ。
      現状4巻まで。
      (2014.09.16)

      元旗本の読売屋(今で言う新聞記者)が
      世の悪を暴くって感じの物語。

      おもしろい。
      結構いんじゃないの。

      改めて考えると、
      訳あり...

      続きを読む
    • 2013/01/01Posted by ブクログ

      1
      「冬のやんま」の続編を乞う。
      このままでは未充足感あり、
      せめてハッピーエンドで終わらせてよ。

    • 2014/10/19Posted by ブクログ

      浅田次郎の「沙高楼綺譚」の余勢で出くわしたタイトル.
      →娯楽時代小説.
      ストーリーはわりと単純で,”意外な展開”というのはあまりないが,それより江戸の町の緻密な描写に感心する.
      「読売」というのは新聞...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000367182","price":"660"}]

    セーフモード