「横浜」をつくった男~易聖・高島嘉右衛門の生涯~

高木彬光

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幕末から明治を生き、横浜の地に名を残し、易聖と呼ばれるまでになった男、高島嘉右衛門。江戸の商人であった彼は、商売の手違いから投獄され、牢内で「易経」とめぐりあう。上下2巻を暗誦するほどに熟読し、彼は天来の易占の才能を開花させる。後に自由の身となった嘉右衛門は、横浜に新天地を開拓し、更に伊藤博文の相談役として、その類い希なる能力を発揮する。(『大予言者の秘密』改題)

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/06/19Posted by ブクログ

       男の一代記としては非常に面白い。波乱万丈という言葉がとてもしっくりくる。こんなに近代日本の発展に貢献した人物なのに、あまり知られていないのは、やはり易者というものに何かいかがわしいイメージが付きまと...

      続きを読む
    • 2012/01/19Posted by ブクログ

      高島嘉右衛門は高島易断の創始者であり、明治時代に横浜を作った男の一人としても有名です。みなとみらいの近くに高島町という駅がありますが、このあたりの地名はこの人の名前からとっているのですね。

      易者とい...

      続きを読む
    • 2017/07/25Posted by ブクログ

      【文章】
       読み易い
      【気付き】
       ★★★・・
      【ハマり】
       ★★★★★
      【共感度】
       ★★★★・

      「""人によっては"" 当たるも八卦当たらぬも八卦」

      占い師としての実力はもちろん、商人としても...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000260837","price":"715"}]

    セーフモード