生きていくのが上手な人 下手な人~自分を知るための心理学~

加藤諦三

165円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「生きていくのが上手な人」とは、相手と自分とはちがう人間だということをからだで理解している人、「下手な人」は、それを理解していない人である。人間関係で悩んでいる人は価値観、好み、趣味、願望、性質それらすべてをふくめて、「人はちがう」ということに気がついていない。(「著者のことば」より)人間関係がうまくいかない人、劣等感に悩む人、生き方に自信が持てない人――すべての苦しむ人たちを救う書。

    続きを読む

    レビュー

    • 2007/07/27Posted by ブクログ

      ためになったところ・生きていくのが上手な人は、相手を観察する能力がある人である。・自分と他人をいつも比較している人は、他人をほとんど理解していない、つまりコミュニケーションができていない。・人は人を愛...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000260822","price":"165"}]

    セーフモード