ヴェルサイユ 21 絶対主義は「絶対」だったか?

著者:鹿島茂

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――今回は、ルイ14世が目指した「絶対主義」について。ヴェルサイユ宮殿を軸にルイ14世が目指した「ただ一人の王、ただ一つの法、ただ一つの宗教」は実現されていたのでしょうか? まずは政治と法を分析します。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード