ケトル VOL.27

博報堂ケトル/太田出版

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【特集】松本清張が大好き! ●みうらじゅんの松本清張論「清張文学とはボブ・ディランの歌であり、仏教書である」●みうらじゅんと読む20作品No.1『ゼロの焦点』/ No.2『証言』/ No.3『たづたづし』No.4『内海の輪』/ No.5『書道教授』/ No.6『事故』/ No.7『遠い接近』/ No.8『黒い福音』/ No.9『赤いくじ』No.10『天城越え』/No.11『恩誼の紐』/No.12『潜在光景』/No.13『小説帝銀事件』No.14『月』/No.15『駅路』/No.16『二階』No.17『絵はがきの少女』/No.18『巻頭区の女』/No.19『遠くからの声』No.20『鬼畜』●マツキヨから学ぶ! 1浮気・お金・保身……清張が描いたサラリーマンの法則●速水健朗が語る松本清張「清張の描く殺人と恋愛が 日本の観光産業を支えた」●マツキヨから学ぶ! 2「女の顔」はひとつじゃない! 清張作品に登場する女たち●マツキヨから学ぶ! 3謀略・策略の裏には、いつだって「食」がある●西村京太郎が語る松本清張「推理小説家にとって、偉大な目の上のたんこぶ」●チャレンジ! 松本清張 清張作品を片手に崖巡り! 見よ! これが本物のグットクリフだ! ●松本清張の「モノ」図鑑 新聞を広げれば人生だってひらけます新聞/煙草/引き出し/すずり/トラック/印刷機●観ると悪さができなくなる 胸に手を当てる清張映像作品30本●清張を読むならこれも読め! 点が線で一気につながる本30冊●地図と時刻表が相棒だった 松本清張を読み解く6つのピース

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード