ケトル VOL.25

博報堂ケトル/太田出版

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。◆特集 缶詰が大好き!カンヅメ チャレンジ!1. 開けるな、絶対開けるなよ! そんなすごい缶詰を開けてみた/シュールストレミング2. 自衛隊の缶詰、世界で一番うまい説は本当か?/スープストックトーキョー 遠山正道3. おでんから焼きリンゴまで、全国の「珍缶」対決!/柳生九兵衛4. 缶詰好きなら絶対に行くべきスーパーでベスト11を聞いてみた/北野エース5. 日本とスペインの高級缶詰で絶品フルコースを作ってみた/青柳文子6. スイーツ真壁がスイートな缶詰を缶切りなしで開ける/プロレスラー スイーツ真壁缶詰ヒストリー ナポレオンのひらめきが宇宙飛行士の胃袋を救う缶詰をもっと愛したくなる オイルサーディンの10 の物語缶詰が生まれるきっかけ! 瓶詰トリビア【東西! 缶詰メニューがウマイ店対決】銀座ロックフィッシュの缶つまレシピ缶詰とモノのおいしい関係 いつだって缶詰が側にいてくれた缶詰のスゴさを再確認できる コンビーフの10 の物語缶詰がもっと好きになる! おさえておきたい映画と小説【名作を引き立てる缶詰たち】1. 戦争中、缶詰はお金より大切だった 2. 日本最初の缶詰作家は小林秀雄だった 3. 死にかけたノリスケさんを救ったのは缶詰でした4. 浅野温子は元祖缶詰ブームの立役者 5. 村上春樹を読む時は缶詰サンドを相棒に日本一愛の詰まった缶詰工場を求めて 木の屋石巻水産美里町工場に行ってきた缶詰博士・黒川勇人×小誌編集長・嶋浩一郎 ロングインタビュー 作家・片岡義男【缶詰コラム】

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード