シャーロック・ホームズ・シリーズ (5) シャーロック・ホームズの事件簿(新版)【深町眞理子訳】

著:アーサー・コナン・ドイル 訳:深町眞理子

652円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「高名の依頼人」をはじめ、「サセックスの吸血鬼」「這う男」など、おなじみベイカー街221Bを訪れる依頼人が持ち込む難事件。あるいは、サセックスのささやかな家に隠遁したホームズを待ち受ける事件……。1887年、『緋色の研究』で颯爽と登場し、たちまちのうちに名探偵の代名詞となるほどの人気を博したシャーロック・ホームズは、4長編56短編で全世界のファンを魅了し、いま鮮やかに退場する。「読者諸君、今度こそほんとうにシャーロック・ホームズともお別れだ!」深町版ホームズ全集、ここに完結。/解説=有栖川有栖※本書は、2017年4月14日新版初版発行の書籍を底本としております。

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/17Posted by ブクログ

       『事件簿』と聞いたら、中年から老境にかけての日本人シャーロッキアンは複雑な表情を浮かべること必至だろう。
       ホームズの冒険談は長編が4、短編集が5つ。9冊でコンプリートできるはず。……はずなのに、...

      続きを読む
    • 2018/03/09Posted by ブクログ

      玉石入り混じる感じ。
      ガリデブでワトスンが撃たれた時のホームズのうろたえぶりとかイイ。
      マザリンの宝石、何か芸風違う。ホントにドイルの書いたもの?

    • 2017/06/11Posted by ブクログ

      創元推理文庫のシャーロックホームズ新訳版も遂に完結。『冒険』以降、「この版を読んでいこう」と決めて7年。感慨もひとしおであります。

      100年前の物語ながらも、しっかりとしたキャラクター設定に、今読ん...

      続きを読む

    セーフモード