【最新刊】あの日からの憂鬱

あの日から

2冊

著者:しりあがり寿

814円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    決して忘れられない日付となった3・11。「あの日」から4年の月日が経ったこの国で、ぼくらは、どう「明日」を迎えればいいのだろう…。圧倒的な速度と強度で東日本大震災を描き、ジャンルを超えて衝撃を与えた『あの日からのマンガ』(第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)。しりあがり寿は、その後も、絶え間なく起こる諸問題に向けマンガを描きつづけている。朝日新聞夕刊連載4コマ『地球防衛家のヒトビト』に、「福島」へ斬新なアプローチで迫る短篇、紫綬褒章受章を受けて執筆された珠玉の幻想譚など、さらなるバラエティとディープさで、激動の現代日本、その「魂のゆくえ」を描き出す笑いと涙の作品集。 ※電子版は一部のページを改変しております※

    続きを読む
    ページ数
    188ページ
    提供開始日
    2015/03/11
    連載誌/レーベル
    ビームコミックス
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    青年マンガ
    • あの日から 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      あの日から 全 2 巻

      1,529円(税込)
      15pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4
    55
    5
    21
    4
    17
    3
    17
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      震災の日から書き綴った様々なジャンルのマンガ。余震、原発、未来への不安と希望、被災地でボランティアをした経験。作者の感じたそのままが描かれている。未来の子ども達に涙が出た。

    • 2017/08/19Posted by ブクログ

      地球防衛家族の父はお茶の水博士、母はアトムをモチーフにしていると思う。靴底は瓦礫や釘を踏んでも貫通しない物。ちょっと考えたら、そうだよね。でも初めてボラ参する時は…。震災オマージュ作品が幾つか折り込ま...

      続きを読む
    • 2016/01/03Posted by ブクログ

      マンネリ化か、パターンが分かり始めたか何か知らないが、期待していた以上に面白くなかった。備忘録としてはありかと思う。3.11以降の記録として、メジャーな作品を見てない人の取っ掛かりにはなる作品。
      ただ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード