火照る姫(上)

富島健夫

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    塚本と小夜子は空路東京に出てホテルに投宿した。相手の竹田夫妻に会ったのは新宿の喫茶店である。夕方の6時。目印は、竹田夫人の胸の白いバラと小夜子の胸の赤いバラ。小夜子たちが入っていったとき、竹田夫妻はすでに窓際の席に並んで腰かけていた。すぐに気がついた小夜子は、まず夫人をみつめた。男よりも同性を観察したのである。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード