テレビが政治をダメにした

鈴木寛

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    視聴率至上主義に走るテレビ局、政治家を怒らせ言質を取る田原的手法が蔓延し、日本の政治はダメになった。「TVタックル」に出演すれば選手に勝てる…空虚なテレビ政治家が永田町を跋扈している。メディアと政治の堕落しきった関係を告発。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    10
    5
    3
    4
    3
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/02/25Posted by ブクログ

      著者、怒り炸裂!メディアと政治家がシンクロして劣化していくプロセスは説得力があります。すべても問題が絡み合って簡単に解決できない時代は「わかりやすさ」を求めるだけではなく「画になる」という言葉を超えた...

      続きを読む
    • 2014/01/05Posted by ブクログ

      政治家も芸能人と同じということか?と思わされたり。
      主義主張が違っても真面目に議論するという風土が日本にはないのかと思わされる。

    • 2013/12/16Posted by ブクログ

      民主党の元党首の離反のためか、参議院選挙で敗退して、民主党を離党してしまった鈴木寛氏の著書。

      要約すれば、生で放送をしていた時代から、映像の編集が簡単な時代になり、テレビ業界は、バブル後の広告費削減...

      続きを読む
    開く

    セーフモード