かつお節と日本人

宮内泰介 著/藤林泰 著

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の食文化の名脇役,かつお節.かつては北海道から沖縄,台湾,そして占領下のミクロネシアやインドネシアでも生産されていた.この300年間に,かつお節の生産はどのように変わっていったのか.そして生産に携わった人びとの生活はどう変わったのか.現地調査で証言を集め,“かつお節ネットワーク”のダイナミズムを描く.

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード