よく生きる

著:岩田靖夫

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「よく生きる」。これは人間にとって究極の問いである。人は強くて、同時に弱くなければならない。人は強くなければ自分の存在を守れない。しかし、それは動物としての生存の維持である。人は、弱くなったとき、他者の心を理解し、真の交わりに入る。古今東西の哲学、宗教、文学を通してこの真実を明らかにする。

    続きを読む

    レビュー

    4
    6
    5
    2
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/14Posted by ブクログ

      岩田靖夫 「 よく生きる 」 生きるとは何かについて ソクラテス、レブィナス、宮沢賢治などから わかりやすく説明した本。今年一番の凄い本。図書館で借りたが Kindle購入


      ソクラテス「哲学の原則...

      続きを読む
    • 2019/05/06Posted by ブクログ

      岩田靖夫(1932~2015年)は、古代ギリシャ哲学を専門とする元・仙台白百合女子大学名誉教授で、文化功労者(2003年)。
      本書は、1992~2005年に、仙台白百合女子大学、清泉女子大学、聖心女子...

      続きを読む
    • 2017/01/25Posted by ブクログ

      新書にしては大変重量のある内容であり、質、量ともに充実していた。
      よく生きる、というテーマについて導き出されたいくつかの提案は、是非とも自分の目で目にするべきだと思うが、特に感銘を受けたのは、第3章の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード