使えるマキャベリ ――のし上がるための心理術

著:内藤誼人

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    厳しいビジネス環境は、弱肉強食の国際関係に似ている。自分の力を持つこと。自分の力で生き抜けること。これはルネッサンス期イタリアの政治思想家マキャベリの基本思想でもある。仕事で評価される振る舞い方から、会社でのコミュニケーション術まで。信頼されるビジネスパーソンになるための、マキャベリの教え。

    続きを読む

    レビュー

    3
    14
    5
    1
    4
    2
    3
    7
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/03/30Posted by ブクログ

      再読。
      なんとなく本棚から手に取って読んでたらハマってしまいました。
      この人の本おもしろい。心理学者の本。
      マキャベリの考え方は仕事にもすごく役に立つ。
      性悪説。
      理想は理想として、人は基本的に悪であ...

      続きを読む
    • 2013/10/03Posted by ブクログ

        マキャベリと言えば『君主論』を浮かぶ。ビジネスだけではなく日常生活において大切なことも綴られている。
       項目を2つだけ紹介しよう。
       1つ目は相手の約束を守らなくとも(本当はよくないのだが…)自分...

      続きを読む
    • 2012/03/20Posted by ブクログ

      政治思想家として有名なニッコロ・マキャベリは人間の本質を見抜いた数々の言葉を残しているとのこと。その言葉を現代のビジネスに生かすなら、どんな行動習慣が必要かを解説しています。

    開く

    セーフモード