ハーバードだけじゃない! 海外一流大学を目指す―週刊東洋経済eビジネス新書No.55

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大学選びは、日本だけでなく世界も視野に入れて考える時代に入った。 東大合格者数トップの開成高校は、2013年から海外大学の説明会を実施。米イェール大学、米ミシガン大学などに9人が合格。東大合格者数2位の灘高校も英オックスフォード大学、米ハーバード大学など五つの海外大学に合格者を出す。 欧米の有名大学だけではなく、アジアにも世界レベルの大学が多く存在する。地方出身者にとっては、学費や生活費、語学習得などを考えると、東京よりもアジアの大学にしたほうがメリットがある場合も。台湾の大学の授業料は年間30万円、フィリピンの国立大学はなんと年間4万円! 授業の中身や学費、生活状況など、日本人留学生の話も含めて海外進学のリアルを伝える。  本誌は『週刊東洋経済』2013年11月2日号の第1特集の16ページ分を抜粋して電子化したものです。【主な内容】国際化が待ったなしの日本の大学と大学生米国名門大学がハイレベルである理由米国リベラルアーツカレッジと豪州職業訓練学校の魅力アジアの一流大学が狙い目すべて解説! 海外の大学へ進学するのに必要なこと海外進学をサポートするスクール日本人が陥りやすい海外大学留学の誤解

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード