人生と経営はタクシー運転手が教えてくれる

著:小宮一慶

1,199円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    カリスマ経営コンサルタントが、2000人のタクシー運転手から学んだ「人生と仕事に役立つ19のヒント」タクシーのなかで、運転手さんとどんな会話をしていますか?この本の著者、経営コンサルタントの小宮一慶氏は、全国津々浦々の顧問先を訪問するなか、年間200回以上、これまで2000人をゆうに超える運転手さんたちに出会ってきました。小宮氏によれば、運転手さんから聞く景気の話はそのままミクロ経済の定点観測にもなり、運転手さんの身の上話は人生と経営についてたくさんの気づきを与えてくれる貴重な勉強の機会といいます。人は、どんな人からも、どんな状況からも学ぶことができる。そう小宮氏はいいます。それはタクシーだけではありません。日常を取り囲むありとあらゆることから、人は気づきを得ることができるのです。絶大な信頼を集めるカリスマ経営コンサルタントが、タクシーのなかで見つけた「人生と仕事、経営に役立つ19のヒント」。元気をもらえる話に驚くような話、身につまされる話、日本人が忘れつつある美徳を思い出させてくれる話。どれも思わずぐっとくる話のオンパレードです。運転手さんとの一期一会から、いったいどんな気づきを得られるのか。この本を読むと、タクシーに乗るのがちょっと楽しみになること請け合いです。*目次より◎損をしたくないと考えるか、させたくないと考えるか◎46年走っても「分からない道がある」と答えた運転手◎「分かったつもり」に陥りがちな「3年の落とし穴」◎小さなことをおろそかにするのは二流の証拠◎「100引く1はゼロ」だと思いなさい◎今ある豊かさは、何一つ「あたりまえ」ではない◎幸せな家庭を築くためには「お金」より「時間」を使いなさい◎「同じようなこと」と「同じこと」はまったく別のものである◎若い客に初乗り710円を投げつけられた運転手の涙◎社員の出来心を防ぐのは、経営者の思いやりである◎「一流」と「一人前」の間には「道一本」の大きな隔たりがある◎偶然が重なったおかげで、奇跡的に母の死に目に会えた私の体験◎あなたは何を「預かって」仕事をしていますか?

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/24Posted by ブクログ

      あたりまえのことを
      ばかになって
      ちゃんとやる
      これを書いた人だったのか!
      タクシーでは色んな会話が繰り広げられ
      学ぶことが多いなぁと私も感じていたが
      一冊の本にまでなってしまうとは。

    • 2016/01/06Posted by ブクログ

      【No.9】「従業員は経営者のことをよく見ている。自分の取り分を最優先する経営者の下で、身を粉にして働く従業員はいない」「”分からない”ということが分かっている。これが本当に分かるということ」「小さな...

      続きを読む
    • 2015/07/23Posted by ブクログ

      タクシーの運転手さんに積極的に
      話しかけるというのが、びっくり!
      運転手さんもいろんな人生を背負っていることが
      わかる。
      私はめったに自分からは話しかけない。
      聞いてもいないのに、会社のグチとか一方的...

      続きを読む
    開く

    セーフモード