幸福病

著:狗飼恭子

477円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    平凡な毎日。だけど、いつも何かが私を「幸せ」にしてくれる--。大好きな人と同じスピードで呼吸していると気づいたとき。新しいピアスを見た彼がそれに嫉妬していると気づいたとき。別れた彼から、出演する舞台を観てもらいたいとメールが届いたとき。--恋愛小説家が何気ない日常に隠れているささやかな幸せを綴ったエッセイ集第2弾。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/06/15Posted by ブクログ

      最初、小説だと思って読んでた。
      ふと、裏表紙を見たらエッセイって書いてあってびっくりした。
      狗飼さんのエッセイはとっても素直に書いてあってかわいくて大好き。
      自分の中の女の子らしくて甘い部分で素直に感...

      続きを読む
    • 2008/02/27Posted by ブクログ

      いぬかいきょうこさん、ずっと読んでみたくて。
      大ヒット!!!!
      これはエッセイなんですけど、すごくよかったです。割りと感覚的なんですがね。女性は共感できるのではないでしょうか。少なくとも私は◎

    • 2008/07/20Posted by ブクログ

      エッセイって、あまり好きじゃない。
      そう思っていたのに。
      あまりにも短い短編がみっちり詰まったこの一冊に
      頷き、ため息を飲み込んで、引き込まれました。

      この人の文章が好き。
      春のベランダに...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000257165","price":"477"}]

    セーフモード