いぬやしき 5巻

奥浩哉

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と獅子神皓(ししがみ・ひろ)。二つは同じ強大な力を持ちながらも、その存在は対極をなす。人を救う事に生きがいを見出す犬屋敷。そしてその反対に、獅子神は人を殺す事で生きている実感を得ていた。だがある時、殺りくを繰り返す獅子神に、警察の手が伸びる。母親の前で力を使えない獅子神は、果たして……。

続きを読む
  • いぬやしき 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    いぬやしき 全 10 巻

    6,600円(税込)
    66pt獲得

レビュー

  • 2017/01/21Posted by ブクログ

    大ゴマが多くてセリフも少ないので、連載で追うと進みが遅く感じてやきもきするが、単行本でまとめて読むとかなり面白い。

  • 2016/04/04Posted by ブクログ

    『変』を読んでいた時も思ったが、奥浩哉の漫画に描かれる人間の感情には「音」が感じられない。人間が放つ「気の気配」とでも言うのか、なんと言えばいいのか言葉で表現するのが非常に難しい。人間の感情を排除し、...

    続きを読む
  • 2016/02/23Posted by ブクログ

    テーマは「獅子神くんの罪と贖罪」!?
    読んでて感じたのですが、獅子神くんにとって他者の命って軽いものなのかな~と。
    だから簡単に人を殺したり救ったりと…。
    色々やっちゃってますが、それでも幸せになって...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001575966","price":"660"}]

セーフモード