絢爛たるグランドセーヌ 6巻

Cuvie

565円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

バレエの発表会で『シルビア』のピチカートを翔子とともに無事に踊り終えた奏は、憧れの元英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル、アビゲイル・ニコルズ先生から、バレエ留学を勧められるのだが…。

続きを読む
  • 絢爛たるグランドセーヌ 全 13 巻

    未購入巻をまとめて購入

    絢爛たるグランドセーヌ 全 13 巻

    7,345円(税込)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/06/08Posted by ブクログ

    お約束の拒食症は出てきませんね〜。

    プリーズの使い方が変

    アビーにはとても自己本位なところがある。でもその自己愛は最高の芸術を自分が完成させるのだという気概の表れ

    ベネズエラのアンドレア・メンド...

    続きを読む
  • 2016/05/28Posted by ブクログ

    いつも読んだ後に溜息が出るのは、追い求める物にどん欲な強さと、優れた物に対する素直(でもないか)な賞賛と憧憬があるからだろう。さくらや絵麻の弱さが描かれる一方、そのままで終わらないところもいい。

セーフモード