たぶん惑星 2巻

粟岳高弘

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

時は昭和64年夏。太陽系外惑星の堀之内新国土(行政区分上は日本国静岡県小笠市)に引っ越してきた松伏陽子。クセのある友人や奇妙な現住生物に囲まれた惑星生活も、2ヶ月がたったある日、陽子はひょんなことから惑星の最深部に到達する――。粟岳高弘が描く、近過去日常SF物語がここに完結。

続きを読む
  • たぶん惑星 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    たぶん惑星 全 2 巻

    1,100円(税込)
    11pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2014/05/18Posted by ブクログ

    昭和のビッグマイナーなテイストたっぷりの本作もひとまず完結。年一回くらいのペースで読み切り番外編を読みたい。

[{"item_id":"A000256395","price":"550"}]

セーフモード