たぶん惑星 1巻

粟岳高弘

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    時は昭和64年夏。伯父さんの仕事の都合でとある惑星の堀之内新国土(行政区分上は日本国静岡県小笠市)に引っ越してきた松伏陽子。のんびりした静岡の風土と惑星の熱帯気候が交り合った不思議な空間で、陽子は中学校の友人たちとゆるやかで刺激的な日常を過ごすのだが──。タイムパラドックスもスペースデブリも暗黒物質も出てこない、あわたけ印100%のまったり近過去SFがいよいよ登場!!

    続きを読む
    • たぶん惑星 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      たぶん惑星 全 2 巻

      1,100円(税込)
      11pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/27Posted by ブクログ

      鈴木式?以来の作品だったけど、自分好みでとても良かった。
      SF(すこしふしぎ)な世界も好きだし。
      帯のSF(スク水・ふしぎ)のコピーは素晴らしい。

    • 2014/06/13Posted by ブクログ

      わたしよりもうちょっと上の世代だともっと面白かったはず。PC9800とかう~~っっすらとしか覚えてないよ。マイコンね。マイコン。ラテカセ(ラジオテレビカセット)は聞いたことすらなかったなんてウォークマ...

      続きを読む
    • 2013/11/12Posted by ブクログ

      絵柄といい、ストーリーといい、作中のガジェットといい、昭和60年台の残照がとても心地よい。「プチアップルパイ」直撃世代にはおすすめ(笑)。

    セーフモード