【最新刊】たぶん惑星 2巻

たぶん惑星
2冊

粟岳高弘

540円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

時は昭和64年夏。太陽系外惑星の堀之内新国土(行政区分上は日本国静岡県小笠市)に引っ越してきた松伏陽子。クセのある友人や奇妙な現住生物に囲まれた惑星生活も、2ヶ月がたったある日、陽子はひょんなことから惑星の最深部に到達する――。粟岳高弘が描く、近過去日常SF物語がここに完結。

続きを読む
ページ数
154ページ
提供開始日
2014/04/26
連載誌/レーベル
コミックREX
  • たぶん惑星 全 2 巻

    未購入巻をまとめて購入

    たぶん惑星 全 2 巻

    1,080円(税込)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.6
3
5
0
4
2
3
1
2
0
1
0
  • 2018/10/27Posted by ブクログ

    鈴木式?以来の作品だったけど、自分好みでとても良かった。 SF(すこしふしぎ)な世界も好きだし。 帯のSF(スク水・ふしぎ)のコピーは素晴らしい。

  • 2014/06/13Posted by ブクログ

    わたしよりもうちょっと上の世代だともっと面白かったはず。PC9800とかう~~っっすらとしか覚えてないよ。マイコンね。マイコン。ラテカセ(ラジオテレビカセット)は聞いたことすらなかったなんてウォークマ...

    続きを読む
  • 2014/05/18Posted by ブクログ

    昭和のビッグマイナーなテイストたっぷりの本作もひとまず完結。年一回くらいのペースで読み切り番外編を読みたい。

もっと見る

セーフモード