【最新刊】食をめぐる旅

食をめぐる旅
1冊

著者:銀色夏生

496円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

流れるように店から店へ、おいしいものを求めてさまよいました。みんな何を求めて来るのだろう。ここと他のところとはどう違うのだろう。何を食べても、どこへ行っても興味はつきません。

続きを読む

レビュー

3.6
9
5
0
4
6
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2014/11/17Posted by ブクログ

    しんなりトリオのぐだぐだ感が面白い。
    高い店、人気店だからと言って、
    雰囲気にのまれることなく、
    口に合わないとか、感想なし、
    などなど言いたい放題なのが良かった。

    気取った店より入りやすい店、とい...

    続きを読む
  • 2011/06/05Posted by ブクログ

    日南って五反田の居酒屋くらいしか
    自分で行けそうなお店はなかったけど(高すぎて)
    それぞれの高級料理店での銀色さんの料理への突っ込みとか
    編集者のすがはらさんのぼけとかおやじな言葉とかが
    面白...

    続きを読む
  • 2010/08/15Posted by ブクログ

    再読。
    登場する店には縁も興味も無い私でも銀色さんの視点だと何だか面白く読めた。
    高級店を「量が控えめか」という視点で・・・。さすがだ。

開く

セーフモード