自選詩集 僕が守る

著者:銀色夏生 写真:k‐k

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校生に向けた自選詩集。写真はすべて高校生の娘カーカの携帯の画像です。見ているとちょっとせつなくなります。時は流れ、過ぎて行ってしまうけれど、あの時感じた思いは、そのままそこにある。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/03/10Posted by ブクログ

      初めて詩集を通して読んだ~
      さらーっと入ってきた
      私でも書けそうな感じはあるけど、少ない言葉で情景が頭の中に広がるのがやっぱりすごい

    • 2013/04/26Posted by ブクログ

      昔、欲しかった言葉があった。
      辛くて苦しくて仕方なくて、救われたかった。
      でもそのころこの本に出会っていたら、感動してそれで終わりだったと思う。次の瞬間にはまた色んなものを呪いだす。でも今生きてるから...

      続きを読む
    • 2011/08/05Posted by ブクログ

      中学生の頃にはまって当時発売していた銀色夏生さんの詩集は全部買った。
      その頃にいいな、と感じた詩がいっぱい詰まっている。
      以外にソラで言えそうなくらいに「読み込んでたんだなあ」と改めて思う。

      思春期...

      続きを読む
    開く

    セーフモード