カイルの森

著者:銀色夏生

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小さな惑星に住む少年カイル。両親の記憶はないが、魔法使いや木々と交流しながら庭師として働いていた。ある日森の奥で不穏な黒い影が目撃され人生が変わり始める。詩人が心を込めて紡ぐ愛と冒険の物語。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    21
    5
    2
    4
    9
    3
    9
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2014/08/09Posted by ブクログ

      悪意や憎しみに勝つのは愛と信頼。そんなこと、誰だって聞いたことがあるし、耳新しくも目新しくもないじゃない。でも、園芸家カイルの住む森の物語と詩は、もう一度そのシンプルで大切なメッセージを深く胸に投げか...

      続きを読む
    • 2013/11/16Posted by ブクログ

       詩以外の銀色夏生の作品は初めてでした。

       森の園芸師少年カイルと、妖精達とのふわふわとした会話を中心
      に物語が進んでいきます。やはり随所にちりばめられた詩と、物語
      が織りなす世界は詩人銀色夏生のも...

      続きを読む
    • 2013/10/22Posted by ブクログ

      カイルと妖精とのやりとりがほほえましいです。
      随所に出てくる詩がきれいだったり、切なかったりでとてもよかったです。

      ファンタジーの世界なのにカイルの考えが現実的でおもしろかったです。

    開く

    セーフモード