【写真詩集】やがて今も忘れ去られる

著者:銀色夏生

506円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【写真詩集】私たちは進みます、あなたの愛を背にうけて、ふりかえらずに進みます、あなたに愛を返すため。人生は限りなく続く荒野か、希望あふれる海原か、だれかを想うその胸に、やさしくひびく写真詩集。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    19
    5
    9
    4
    6
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/31Posted by ブクログ

      寂しい言葉と、寂しい写真が好きな詩集です。
      人を想うことは寂しい、と気付かせてくれます。
      期待しない、夢を見ない。

    • 2018/09/26Posted by ブクログ

      2006年刊行。僕の読んだ2冊目の銀色夏生詩集。
      素敵な写真と、タイトルの付いた詩と、つかない言葉たち。
      それぞれが切なく心に響いてきてとても良かった。

    • 2018/01/05Posted by ブクログ

      銀色夏生さんは、母が若い頃から好きで、 母の本棚にたくさん詩集があった。小学生の頃から、わからないなりにわかろうとして、仕事で忙しい母に少しでも振り向いて欲しくて、手にとっては読んで、この詩が好きとか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード