空気の発見

著者:三宅泰雄

385円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    空気に重さがあることが発見されて以来、様々な気体の種類や特性が分かってきた。空はなぜ青いのか、空気中にアンモニアが含まれるのはなぜか――。身近な疑問や発見を解き明かし、科学が楽しくなる名著。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    10
    5
    1
    4
    6
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/14Posted by ブクログ

      いつも私たちのすぐそばにある空気について研究の歴史についてわかりやすく書かれていた。

      ガリレオガリレイやコペルニクスなどが、自分たちを取り巻く当たり前の常識に疑いの眼を向け、批判とも戦いながら真実を...

      続きを読む
    • 2019/06/22Posted by ブクログ

      『ロウソクの科学』を読んだので、こちらも読んでみた。1962年初版ということは、角川文庫の『ロウソクの科学』が出たのと同じ年なので、こちらも「あります」調なのだけど、読み手を子どもに設定しているので、...

      続きを読む
    • 2017/03/12Posted by ブクログ

      良書です。中高生で読んでおきたかった。大学生の一般教養の時期でもよいかも。科学におけるアプローチ、姿勢的なところは働く大人にも参考になると思う。

    開く

    セーフモード