【最新刊】首都崩壊

首都崩壊

著:高嶋哲夫

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国交省の森崎が研究者から渡された報告書。マグニチュード8の東京直下型地震が近く起き、損失は百兆以上に上るという。しかも「東京から人が消える」。森崎は内々に指示を受け対策を練るも地震は発生してしまう。ただ規模は予想未満で安堵する森崎。だが、これはさらなる巨大地震の引き金だった……我々の生活はこんなに危ういのか。戦慄の予言小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/06
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2014/09/21Posted by ブクログ

      息もつかせない感じで一気に読んでしまいました。

      日本の今の閉塞感にメスを入れることができるのか?

      世界のなかでの日本。国の内外での見方の違いなど、興味深く読めます。

      地震の予測、経済についてフィ...

      続きを読む
    • 2015/07/20Posted by ブクログ

      首都直下地震によって日本発の世界恐慌が起きるかもしれないという、近い将来あり得る話です。
      政治が凄く絡んでいるのでちゃんと分かるために色々と調べてしまいました。
      最終的に崩壊はしませんでしたが、新しい...

      続きを読む
    • 2016/12/18Posted by ブクログ

      首都崩壊 というよりも 首都移転計画。
      東京に直下型地震が起こる という設定で、
      国土交通省のわかき官僚 森崎が、
      アメリカ時代の同窓生 ロバートのサジェスチョンで 
      日本の危機を救うという 物語。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード