【最新刊】恋する日本語

恋する日本語
1冊

著:小山薫堂

486円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

甘くて切ない、35のちいさな恋の物語「あえか」「紐帯」「那由他」「玉響」…耳にしたことはあるけれど、意味がよくわからない日本語。たとえば、「赤心」とは「偽りのない心」のこと。「一曲」とは「ちょっとすねる」こと。言葉の意味をひもといてみると、そこには恋人たちの何気ない日常の瞬間が溢れている。日本語の美しい響きと甘く切ない恋心が堪能できる35のショートストーリー。

続きを読む

レビュー

3.9
70
5
24
4
22
3
18
2
5
1
1
  • 2018/12/31Posted by ブクログ

    たった漢字2、3文字で心の機微を表せてしまう日本語ってすごい。超ショートショートのお話がまたいい。グッと来たものは、「紐帯(ちゅうたい)」「気宇(きう)」「転た(うたた)」「赤心(せきしん)」「泥む(...

    続きを読む
  • 2018/11/05Posted by ブクログ

    2013.02.10 図書館で見つけて借りる 2013.03.04 読了 35の恋心を表す美しい日本語。 涵養:水がしみこむように、少しずつ養い育てること 相生:夫婦が一緒に長生きすること 泥む(...

    続きを読む
  • 2018/05/13Posted by ブクログ

    言葉のチョイスがセンス良くて流石と思ったが、続くポエムが頂けない。ある程度成功した大人向け?これから恋したい若い人にはこれでは無理だと思う。

もっと見る

セーフモード