【最新刊】「右脳」と「左脳」のメモ術

「右脳」と「左脳」のメモ術
1冊

著:坂戸健司

500円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

「できる人」と「できない人」の違いは、メモにある!「できる人」は、メモを単なる備忘録にとどめることなく、仕事の目的や人生の目標を書き、何度も見返すことによってビジネス社会を賢く行き抜く最強のツールとして活用しているのだ。本書では、基本のメモ術、メモによって成功をつかむコツなど、ビジネスシーンでのメモ活用法をおさえた上で、脳の働きを意識した新しいメモ術を提案する。それが、直感やひらめきをつかさどる「右脳」を活かした「イメージトレーニングメモ」「ハンティングメモ」、論理的思考や分析に優れた「左脳」の働きを駆使した「朝一番で見るべきメモ」「会議の時のメモ」、右脳と左脳の働きを統合させた「相手と自分を知るためのメモ」「企画書の書き方」などだ。30年以上メモを取り続け、メモを読み返すことによって生まれる「気づき」から、思い通りの人生を手に入れてきた著者による、「右脳」と「左脳」を意識した実践的メモ術!

続きを読む
提供開始日
2014/04/25
連載誌/レーベル
PHP文庫

レビュー

2.5
2
5
0
4
0
3
1
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2013/06/27Posted by ブクログ

    内容
    本書は1章から7章で構成されています。1章では右脳と左脳の働き、右脳と左脳の活性化方法について書かれています。
     2章と3章ではメモを取ることによる利点について書かれています。
     4章と5章では...

    続きを読む
  • 2010/05/09Posted by ブクログ

    文字は「ずっと先の子孫にまで、知恵を継承したい」との思いから生まれた
    「文字は、気持ちや考えを伝えるためのツールである」
    何故メモが必要か
    メモを取る上で最も重要なのは、そのメモを「見返す時間」を持つ...

    続きを読む
  • 2009/04/27Posted by ブクログ

    最近固めの本ばかり読んでいたので、
    少し緩めの本をと思い図書館で借りてみた。
    タイトルを見てよさそうと思った。
    実際に読んでみると、予想通り緩めの内容
    だったが、逆に予想以上に内容がゆるい。
    全体的に...

    続きを読む

セーフモード