鉄道捜査官(1) 殺意のスーパーあずさ2号

著:矢島誠

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    通勤ラッシュで混雑する新宿駅のトイレで、血まみれの刺殺死体が発見された!朝の通勤ラッシュで混雑する新宿駅。そのトイレで、血まみれの刺殺死体が発見された。被害者は長野県諏訪市から出張してきた中年のビジネスマンで、『スーパーあずさ2号』で着いた数分後に殺されたらしい。新宿東署に設置された捜査本部には一課の腕きき刑事たちが顔を揃えたが、鉄道警察隊から派遣された特別捜査係の新米刑事・川久保にとっては、生まれて初めての殺人事件の捜査であった…。錯綜する謎と凶悪犯人を追う若き捜査官の活躍を描いた長篇ミステリ、「鉄道捜査官」シリーズ第1弾!●矢島誠(やじま・まこと)1954年、東京生まれ。中央大学卒業。雑誌編集者を経て、1988年『霊南坂殺人事件』でデビュー。『星狩人』で、第29回江戸川乱歩賞候補。第8回横溝正史賞候補となった『双曲線上の殺人』は火曜サスペンス劇場でドラマ化されている。長編ミステリーだけでなく、ホラー短編集や、最近では、時代小説も手がける。

    続きを読む
    • 鉄道捜査官 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      鉄道捜査官 全 3 巻

      1,485円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード