死者の暗号殺人事件

著:矢島誠

486円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    手紙に遺された「暗号」が示す、殺意の証明と意外な真犯人「ふじをでるふじにふじさんをくわえる。この言葉の謎が解けたら、それに新湯富士と小佐渡富土を乗せて。そうすれば、ある一つの場所が分かるはず」事務所開きしたばかりの探偵社に、差出人のない郵便が届く。自殺とされている美山紀美江の死に不審を抱く調査依頼だった。それには、謎めいた手紙が同封されており、中に書かれた暗号を解読すれば、すべての謎が解けるという。差し出し人はいったい誰なのか、そして紀美江の手紙にある大金のありかを示す暗号の意味は?興味をそそられた所長の亀浜欧次は調査に乗り出すが、その先々で関係者が殺されてしまう。そして、ついに暗号が解かれ、事件は一挙に解決したかに見えたが…。本格推理ミステリ長篇。●矢島誠(やじま・まこと)1954年、東京生まれ。中央大学卒業。雑誌編集者を経て、1988年『霊南坂殺人事件』でデビュー。『星狩人』で、第29回江戸川乱歩賞候補。第8回横溝正史賞候補となった『双曲線上の殺人』は火曜サスペンス劇場でドラマ化されている。長編ミステリーだけでなく、ホラー短編集や、最近では、時代小説も手がける。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード